ディスプレイの主流は液晶

液晶ディスプレイとは、自然界では液体である液晶を使って作られた表示装置です。一般には、液晶、液晶パネルなどとも呼ばれます。他の種類としては、以前は主流であったブラウン管やかつて液晶と競合したプラズマディスプレイといったものがありますが、現在ではディスプレイの主流は液晶です。主に省スペース、高精細、長寿命といったところが、他の種類のものと比較して優れているということで選ばれています。

携帯電話、スマートフォン、テレビ、カーナビ、パソコン、駅の電光掲示板など日本で生活していて、全く液晶ディスプレイを見ないということはないのではないでしょうか。そのぐらい普及しています。

液晶ディスプレイとは何かと言われれば、普段あなたが見ている表示装置がそうであると言えます。

液晶ディスプレイは、これまで画素を細かくすることで高精細にしたり、液晶の反応速度やその回りの技術を上げることで速い動きでも対応できるようにしたり、わずかな電圧差で液晶をコントロールすることで多彩な色を表現するなどといったいろいろな技術の向上によって現在の状態があります。さらに今は、液晶画面の上にセンサーを取り付けることで、タッチパネルという技術も加わり、表示装置としてだけではなく他の用途も増えています。

今後も技術の向上、追加、開発により新たなデバイスや新しい用途の誕生を期待したいです。それにより、人の生活が便利になっていくことでしょう。

液晶ディスプレイ レンタル